ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.03.10 Saturday

京都人の、初めての京都 (^_^;)  ーその壱ー 城南宮

私は京都生まれの京都育ち。

周りを有名な観光名所に囲まれた、ここ東山で55年も暮らしております。

 

この京都には、国内はもちろん、世界からも本当に多くの方々が訪れます。

テレビを見ても、京都特集!みたいなの本当に多い。

お声をかけていただくのは

『良いところにお住まいですね。羨ましい!』

『隠れた名所を教えてください。』

『おすすめのスポットは?』

『テレビで観たあの場所はどこですか?』

『…???』

ん〜…ぜんぜん知らん…、行った事も無い…、何にも答えられない…、ハハハ…

 

これではいかん!恥ずかしい!…と最近思いはじめました。

…と言って、明日から京都を巡り歩き知り尽くす!パワーも無いので、少しずつ京都人に近づきたいと思います。

 

まずは、『城南宮』さんです。
こちらは方除の大社として有名で、全国からも多くの方がご祈祷に来られます。

建物工事・引っ越しが無事に成就するよう、また通勤通学・営業・旅行の道中、滞在の安全を願います。

以前、車のご祈祷で一度お世話になりましたが、

今回私事でたまたまこの時期に訪れ、良かった〜です。

 

まず、駐車場(無料ですよ!)へゆっくりと入って行くと、何やら沢山の人出。

何だ何だと思っていると、ちらっと見えるお庭には、綺麗な梅の花盛り! 香りもプンプン!

横目で、綺麗やね〜と言いながら本殿へ。少しご祈祷の事などお聞きし(ご丁寧なご返答でした。)

せっかく(当然ですが)なので、神苑を拝観しました。(600円でした。)

IMG_1465.JPG

すご〜!、綺麗〜!

IMG_1472.JPG

この日はお天気も最高で、皆さんカメラ バシャバシャ!

IMG_1477.JPG

しだれ梅と落ち椿

IMG_1487.JPG

カメラマン気取りです

IMG_1505.JPG

平安の庭を抜けて今度は室町の庭へ

IMG_1512.JPG

外人さんも楽しそう。

そうそう、ここではあまり中国語は耳に入ってきませんでした。

それも印象の一つ!

IMG_1516.JPG

三角の灯篭…珍しい。

IMG_1522.JPG

藤棚もあります。

こちらでは、桜の季節が待ち遠しくなります。

IMG_1520.JPG

秋にはもみじが綺麗だとか…

一年を通して楽しめるんですね。

 

写真撮りまくりでしたが、こんなことならもう少し、ましなカメラを持ってくるべきでした…残念。

 

でも、ひとつお勧めできるスポットが出来ました。

是非是非!

2018.01.27 Saturday

雨男、晴れ男?

先日の午前中、ご納骨のお手伝いに。

墓所に着いた時には結構な雪模様…

神道のご納骨のとあり、八足台を立てお供えものも多く、雪とは言え濡れるのは良くありません。

で、急遽テントを張る事にしました。

店にもどり、原チャの足元に簡易テントを立てて、そろそろと墓地へ向かいます。

(最近の簡易テントは本当に便利ですね。それにしても店より程近いの墓地で良かったです。)

雪の中、合羽を着て1人でテントを張る、簡易テントは大変張りやすいとは言え1人でしかも狭い墓地ではなかなかの苦労。

喜んでもらえると思うからこそ頑張れるのです。

 

でも私、いつもなのですが…、

 

やっとの思いで張り終わったら、なんだか周りが明るく…。

ご神殿のご祈祷を終え、お施主様たちが墓地に来られる頃にはすっかり青空に!

 

 

本当に良くあるんです〜!

何か、かえってテントが邪魔に^_^;

これって私、雨男それとも晴れ男⁈

2018.01.07 Sunday

人形供養をお願いしました。

今回、我が家に長年眠っていたお雛様を心苦しいのですが、供養してくださるお寺様に納めさせて頂きました。
私達の勝手だと重々承知しています。
大変申し訳ない気持ちで一杯ですがお願いして来ました。

京都駅のすぐ近くに「粟嶋堂宗徳寺」は有ります。
決して大きなお寺様では無いのですが、それが余計に心やすく迎えてくださる気がしました。
車を止め、受付けに人形供養に来た事を伝えると、大変ご親切に供養の仕方や費用の事などを教えて下さいました。

持参した人形を見てもらったところ費用は4,000円との事でした。
その日に集まったお人形達を箱から出し、出来るだけ本来の姿で飾りし、ご法要してくださるそうです。
有難い!

人形達をお預けし、ご本堂をお参りしてお寺をあとにしました。
何か重た〜い気持ちが、少し軽くなりました。
自分が対応しきれない事は、お寺だったり神社だったりに押し付けて、何となくキリをつけて、納得して…
人の気持ちって言うのは、そんなものなんですよね。
今日は本当に、宗徳寺さんに助けてもらいました。有難うございました。

2018.01.02 Tuesday

2018年 お稲荷さんへ

今年もお稲荷さん(伏見稲荷大社)への参拝です。

相変わらずの人出でした。

それはそうですよね、京都でもトップクラスの観光スポットになってますものね。

本殿にお参りしようにも、いっこうに進みそうにないので、横へそれながら本殿の裏に回ります。

ちょうど真裏にもお賽銭箱が設置されており、私はそこで拝みます。

聞くところによると、裏の方が神様に近く願いが届きやすいとか…、パンパン。

都合よく人ごみを避けお山に向かいます。

ん〜、皆さんインスタ映えをねらいパシャパシャ、私もパシャ。

お山へ足を運びます。

 

私の家では熊鷹社さんでお参りするのが習わしになってます。

なぜかは定かでないのですが…

いつもの様に、小さいながらも鳥居を奉納しお参りすると、なぜか気持ちがスッとします。

本当に。

 

 

 

どうぞ、本年も商売繁盛、良い一年になります様、宜しくお願い致します!

2018.01.01 Monday

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
どうぞ、本年も宜しくお願い申し上げます。
今年の始まりもここ!豊国さんです。

こちらは午前零時、太鼓の音と共に門が開き、神秘的な灯りの奥に神殿を拝めます。
無事新年を迎えられた事に感謝し、良き一年であれと願い手を合わせてきました。

今年は何かと事多き年となるので、打つ手にも力がこもります。
除夜の鐘をつく、沢山の人に圧倒されながらも、気が引き締まるひとときでした。

どうぞ、皆様にとっても良い一年であります様に!

Powered by
30days Album